可変ブログ

色々メモとか。とりあえず自分が分かるように。その後、なるべく人が見て分かるように。可変。

C++での簡単なUDP通信

・流れ
ソケット通信winsockの立ち上げ
socketの作成
アドレスの設定
socketの設定
送信・受信
socketの破棄
winsockの終了

・備考
同じソケットで送受信両方できるらしい
ソケット通信で受信しきれなかったデータは、OSの通信用メモリにスタックされるらしい

・参考URL


UDP受信の仕組み


//TCP,UDP通信用ライブラリ
#pragma comment(lib, "ws2_32.lib")

//TCP,UDP通信用ヘッダ
//#include <sys/sock.h> //linux
#include <WinSock2.h> //windows

#include <iostream>

// inet_addr()関数で警告が出る場合は以下で警告を無効化する。
#pragma warning(disable:4996) 

// 受信関数
int recieve() {
    // ソケット通信winsockの立ち上げ
    // wsaDataはエラー取得等に使用する
    WSAData wsaData;
    WSAStartup(MAKEWORD(2, 0), &wsaData);   //MAKEWORD(2, 0)はwinsockのバージョン2.0ってこと

    // socket作成
    // socketは通信の出入り口 ここを通してデータのやり取りをする
    // socket(アドレスファミリ, ソケットタイプ, プロトコル)
    SOCKET sock;
    sock = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);  //AF_INETはIPv4、SOCK_DGRAMはUDP通信、0は?

    // アドレス等格納
    struct sockaddr_in addr;
    addr.sin_family = AF_INET;  //IPv4
    addr.sin_port = htons(12345);   //通信ポート番号設定
    addr.sin_addr.S_un.S_addr = INADDR_ANY; // INADDR_ANYはすべてのアドレスからのパケットを受信する

    // バインド
    // アドレス等の情報をsocketに登録する
    bind(sock, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));

    // ブロッキング、ノンブロッキングの設定
    //(任意、必須コードではない(ソケットの初期設定はブロッキングモードなため)
    // val = 0 : ブロッキングモード データが受信されるまで待機
    // val = 1 : ノンブロッキング データが受信されなくても次の処理へ
    u_long val = 1;
    ioctlsocket(sock, FIONBIO, &val);

    // バッファ ここに受信したデータが入る サイズは自由に決められるが、char配列
    char buf[2048];
    memset(buf, 0, sizeof(buf)); // 複数回受信するときは前回値が残らないようにこのように バッファを0でクリアするのが一般的 メモリー操作関数

    // 受信
    // recv(ソケット, 受信するデータの格納先, データのバイト数, フラグ);
    // バインドしていない場合は recvfrom(sock, buf, 5, 0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr)); でもOK?
    recv(sock, buf, sizeof(buf), 0);

    // 出力
    printf("%s\n", buf);

    // socketの破棄
    closesocket(sock);

    // winsockの終了
    WSACleanup();

    return 0;
}

//送信関数
int send() {
    // ソケット通信winsockの立ち上げ
    // wsaDataはエラー取得等に使用する
    WSAData wsaData;
    WSAStartup(MAKEWORD(2, 0), &wsaData);   //MAKEWORD(2, 0)はwinsockのバージョン2.0ってこと

    // socket作成
    // socketは通信の出入り口 ここを通してデータのやり取りをする
    // socket(アドレスファミリ, ソケットタイプ, プロトコル)
    SOCKET sock;
    sock = socket(AF_INET, SOCK_DGRAM, 0);  //AF_INETはIPv4、SOCK_DGRAMはUDP通信、0は?

    // アドレス等格納
    struct sockaddr_in addr;
    addr.sin_family = AF_INET;  //IPv4
    addr.sin_port = htons(12345);   //通信ポート番号設定
    addr.sin_addr.S_un.S_addr = inet_addr("127.0.0.1"); // 送信アドレスを127.0.0.1に設定

    // バッファ ここに送信するデータを入れる  サイズは自由に決められるが、char配列
    char buf[2048] = "HELLO";
    
    // 送信
    // sendto(ソケット, 送信するデータ, データのバイト数, フラグ, アドレス情報, アドレス情報のサイズ);
    // 送信するデータに直接文字列 "HELLO" 等を入れることもできる
    // バインドしている場合は send(sock, buf, 5, 0); でもOK?
    sendto(sock, buf,  sizeof(buf), 0, (struct sockaddr *)&addr, sizeof(addr));

    // socketの破棄
    closesocket(sock);

    // winsockの終了
    WSACleanup();

    return 0;
}

int main() {
    send();
    recieve();

    return 0;
}