可変ブログ

色々メモとか。とりあえず自分が分かるように。その後、なるべく人が見て分かるように。可変。

キーレイアウトやショートカットキーのカスタマイズ

MacBookでかっこよくショートカットキーを使っている友人を見て、WindowsにもMacのCommandキー的なものが欲しくなった。
とりあえずCtrl+FBPNでカーソル移動とかしようと考えたが、元からあるショートカットも残したい。(Ctrl+Fの検索とか)
そこで、CapsLockをMacのCtrlキーに、AltをCommandに見立ててショートカットを設定してみる。


環境



流れ

  • keyswapを使ってキーの割り当て変更。
  • AutoHotKeyを使ってショートカットキーのカスタマイズ。


keyswapを使ってキーの割り当て変更。

【参考URL】

変更するためのソフトは3種類くらいあるけど今回は開発状況と使いやすさを考慮してkeyswapを使う。
keyswapを使ってCapsLockを普段絶対使わない右Windowsキーに変更する。
なぜこんな回りくどい方法をとっているかというと、この後に使うAutoHotKeyでCapsLockへの割り当てがうまくいかないため。



AutoHotKeyを使ってショートカットキーのカスタマイズ。

【参考URL】


2種類くらい見つけたけどなんとなくAutoHotKeyを使う。


取りあえずこれだけ。ほかに便利そうなものは随時追加します。Mac使ってる人でこれがあると便利だよってのがあったら教えてください。
ActiveWindowInfo.ahk

RWin::RCtrl

RWin & b::Send, {Left}
RWin & f::Send, {Right}
RWin & n::Send, {Down}
RWin & p::Send, {Up}
RWin & h::Send, {Backspace}
RWin & d::Send, {Delete}
RWin & a::Send, {Home}
RWin & e::Send, {End}

!z::Send, ^z
!x::Send, ^x
!c::Send, ^c
!v::Send, ^v
!a::Send, ^a
!f::Send, ^f
!s::Send, ^s

^!t::Run, %windir%\system32\cmd.exe

return

!はAlt、^はCtrl